「30分で乗れるキッズ自転車教室」は本当に30分で乗れるようになるのか?体験してきました

娘が5歳になり
誕生日には自転車が欲しい!
ということで先日購入。

彼女のやる気がみなぎっている今こそが
自転車デビューへのタイミングだ!
と意気揚々と公園で
親子練習デビューを果たすも撃沈。

誰だよキッカーバイク乗れるようになってたら
自転車すぐ乗れるっていった人・・・。

夫は「もう補助輪付けよう。ずっと乗れないよ」と
諦めモード。

いやいや、まだたった1回!
もう指導あきらめんのかい!
今まで
キッカーバイク慣らしてきたのなんだったんだよ!
鉄は熱いうちに打たないと娘のやる気が削がれちゃう!
補助輪に頼ってたら後で外すの余計大変じゃないか!と
いう親の都合も交えつつ

自転車教室を探し、
「30分で乗れる、キッズ自転車教室」
を見つけ速攻応募。

参加費は400円。
交通費等々含めると2千円ほどの出費。
コツを教えてもらえるなら!
と参加を決めました。

先生たちの指導のおかげで
遠のいたと思われた
自転車デビュー、
無事30分で
乗れるようになりました。


ただ
参加者全員が乗れるようになったわけではないので
受講するまえに
整えておきたい
前提条件があると感じました。

前提として

  • キッカーバイク(ペダルなし自転車)
    を乗りこなせるようになっている。
    バランス感覚を養っておいたり、
    ハンドル操作を自分でできるようになっておく
  • 子供が自分から自転車乗りたい!
    という気持ちが熟した時に決行する。

練習前半は、
ペダルなし自転車に
またがって、足で地面を蹴って
グラウンドを回る。

20161022-img_1366時折反対周りを繰り返しながら
歩く。
走る。
ブレーキ。
1、2のぴょーーんで両足で地面を蹴り反動で進む
(これが長くできるようになると漕ぎ出しに有利だそう)

そして次はいよいよ親の出番。
親のサポートに肝がありました。

①ハンドルの支え方
ハンドル操作は子供主体で親が動かさないこと。
親はハンドルを手の平で支えるイメージで。

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e4%b9%97%e3%82%8a%e6%96%b9-04②サドルの支え方

サドルを支える時に、
前方向には押さないようにして上方向へ圧をかけるイメージ。
前方に押すと、子供がペダルを漕いでないのに進んでしまい
本人がペダルを漕いで前に進むという感覚がわからないから
よくないんだそうです。

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e4%b9%97%e3%82%8a%e6%96%b9-01
③目線

子供は視線を落としがちなので
前方方向を向くようにマメに声がけする。

%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%e4%b9%97%e3%82%8a%e6%96%b9-03以上の3点を踏まえた
先生のサポートポジションのお手本。
img_2315

いざ親子練習スタートするも
親相手だと
子供がちょっとしたことで
「できないもん!」と
弱音連発・・・。


途中から先生に交代してもらってからは
がんばるしかないと思ったのか
素直に実行していました。

走行に慣れてきたら
先生がまずはハンドルを手放し
次にサドルを手放し
こけたときに
ヘルプを出せるように並走

20161022-img_1374
まっすぐ走る練習ができたら
次は、曲がる練習 20161022-img_1375
漕ぎ出しに課題は残しつつ
確かに30分で乗れるようになりました。
20161022-img_1385
うまくいかないときは
あきらめないで
やり方を変えてみる。
プロにも頼る。

時間とともに
子供のやるき曲線が下降するのは
目に見えていたので
教室でコツを教えてもらいながら
手を打ったことが
功を奏した模様。

労力かけて
キッズ自転車教室に行くの
あり!だと思います。

福岡では春や秋に海の中道であるみたい。
直近では、11月初旬に
海の中道でありますよ。
http://www.vitamin-i.jp/30bike/

Follow me!