全国的には珍しい?鹿児島のお墓によく見る風景。

鹿児島のお墓には、一つ一つに屋根がある。


そのことに、なんの疑問も持たずに育ってきたけど、
全国的にはそう当たり前でもないらしいと知ったのは
大人になってから。

 

桜島の灰から防ぐため、
ご先祖様を守るため、
など諸説あるそう。

幼い頃は、どの家も週末になると
生花を携えてお墓に参ることが当たり前だった地域。
当時は、造花のお墓は、まず見なくて
どこも綺麗な花がお供えされていました。

今はだいぶ様がわりして、
我が実家も周辺でも造花のお世話になるところも多く
時代の変化を感じます。

お盆を前に
父、叔母、こどもたちとお墓詣りへ。

5歳の娘はだいぶ戦力になってきて
今年は、率先してほうきで掃いたり
石を磨いたり、と頼もしい存在に。

私が叔母や母から見せてもらったように、
彼女たちにも、
ご先祖様を大切に思って、お墓参りをする習慣が
自然に根付いていったらいいなと思うのでした。

Follow me!