母子トリップ in 屋久島② 子連れでも無理なく楽しむ周遊ルート

屋久島への旅
5歳、2歳連れての旅で
決めていたのは、

予定を詰め込まないこと。
観光を欲張らないこと。

トレッキングや山方面は子供の年齢を考えると難しいので
今回は海にいけたらそれで十分と決めていたところ、

宿泊先を提供してくれている友人が
厚意で1日屋久島を周遊案内してくれました。

車さえあれば、このコースなら無理なく
屋久島を楽しめます。

永田いなか浜を出発地点として最初に向かったのは屋久島灯台。
青い空に白い灯台がよく映える。

灯台の裏は絶壁で眼前に一面の海が広がっていました。

西部林道を進むとヤク鹿や猿に出会えます。
道が細くて離合が難しいので、
運転が苦手な人や観光者には結構ハードルが高いルートかも。

マイナスイオンいっぱい迫力の
栗生、大川(おおこ)の滝

 

中間ガジュマル。

ランチで立ち寄ったのは
屋久島 nomado cafe ~ノマドカフェ~

Aプレートのカオマンガイ

Bプレートのバターチキンマサラ。ハヤシライスみたいな酸味がありました。

パッケージデザインがおしゃれだなぁと目を引いたお土産の品。

裏の表示を確認すると原材料にもこだわっている様子ですっかり気に入り
無農薬スモモのコンポートとジンジャーシロップをお買い上げ。

 

麦生の千尋(せんぴろ)の滝に立ち寄り、

 

本日の本命、屋久島ジェラート「そらうみ」さんへ。
https://yakushima-gelato.jimdo.com/

お茶とレモン、ミルクなどいろいろ堪能。

椅子にあしらってる屋久島の型取りが粋。

高校生以上のみ使用できるハンモックもありました。
子連れのため断念。
あー、座りたかった・・・。

そのあとは、海を見ながら帰路に着きました。

みんなでおうちご飯を食べた後、
夜は一緒に宿泊している
大阪在住、シンガーソングライターの澪ちゃんが
リクエストに応えて歌を聴かせくれ、

地元の人が集う永田のお祭り&花火大会へ。

老いも若きもみんな延々盆踊りしていたのが印象的。

何より最高だったのは、
ずっと空を見上げ続けていたくなる
満点の夜空の星と天の川。
(三脚持ってこなかったことを激しく後悔)

屋久島の自然にも人にも魅了された1日でした。

Follow me!