ご存知ですか?蒟蒻ができるまで

全国の蒟蒻ファンの皆様こんにちは。
やってきましたこのシーズン!

昔ながらの蒟蒻の作り方
ご存知ですか?
原料目にしたことありますか?

私は3年前まで全く
知りませんでした。

正直、全く蒟蒻好きではない
我が家ですが、1年に一回
こんにゃく祭りと化す時。

今年で3回目の
蒟蒻作りへ行ってきました。

帰ってきたらクタクタ。
昔ながらの蒟蒻作りは
大変な時間と労力をもってして
なりたっているものなのです。
なんとその時間
通常は5年と5時間。

興味のある方にぜひシェアしたい。

これが 蒟蒻ができるまでの
一大 スペクタクルストーリーです。

原料のこんにゃくいも
IMG_5025-復元 のコピー

この状態になるまでに
3年かかるそうです。
(福岡 八女産)。

本当は、5年地中で育てるらしいのですが
水害で種芋がながされ
仕方なく、3年物を使っているとのことでした。

切って
IMG_5027-復元 のコピー

 

鍋で湯がきます

IMG_5036-復元 のコピー皮をむく。
この皮が蒟蒻らしさの黒い点々。
今時の工場産では蒟蒻らしさを
出すために海草などを混ぜているんだそうです。
IMG_1157 のコピー

アクの水とまぜて ミキサーでガーッ

IMG_1171−2

こね作業へ。
最初はサラサラだったものが だんだんと 粘りが出てきて

IMG_5047-復元 のコピー

 

格闘すること 20分
IMG_5054-復元 のコピー

 

まだまだ 続きます

丸めて

IMG_5048-復元 のコピー

アク水を手水にして
表面を ツルツルに整形

IMG_1178

さらに鍋で 湯がくこと 60分

IMG_1190-復元 のコピー

水にさらしてアクを抜き

IMG_5060-復元 のコピー

やっと!
完成です!!!

終わる頃にはクタクタ

 

出来上がりまでは
直に手に触れてはいけないと言われました。

かぶれてしまうし
ゆがいた状態で食べてしまうと
口がピリピリ してしまうんだそう。

昔の人
煮ても やいても
食べれないものを
よくぞ
食べれる状態にまで
もっていったよね
すごい 発見と 根気だ!!!

今はほとんど工場で
生産されているとはいえ
脇役になりがちな
蒟蒻の地位向上を願ってやみません。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!