年賀状の保管方法。(メモ帳にも応用化)

住所変更のデータ書き換えも
お年玉付き年賀ハガキのチェックも
おわった年賀状、
その後どうされていますか?

即処分するご家庭もあるかもしれませんが、
我が家では一年間は保管し、その後手放すようにしています。
次に書くときに今年の年賀状を見返して
一言添える内容を考えたりするからです。

ハガキフォルダーに入れていたこともありましたが
一枚一枚入れるのも、取り出す作業も
それなりに手間なので
今はこの方法に落ち着いています。

なにより、お金をかけずに
家にあるものですぐにでき、
閲覧もしやすい
ところが気に入っています。

<用意するもの>

▼年賀ハガキ
▼液状のり
▼ダブルクリップ
▼ティッシュ

IMG_1422

年賀状の背に液状のりをたっぷり目に塗る。
2016-01-25_065636698_08B31_iOS

ティッシュを貼る。
2016-01-25_065720983_47A0D_iOS

ティッシュをペタペタハガキの背に密着させる
2016-01-25_065727950_EC8A6_iOS 2016-01-25_065756662_32F69_iOS
ダブルクリップで挟み一晩放置2016-01-25_065824740_5443D_iOS

乾燥したらこんな感じ。2016-01-25_083122881_59599_iOS

余分なティッシュを綺麗に剥がす。2016-01-25_083144353_DCDEE_iOS

製本した本のようにして 保存可能です。 2016-01-25_083247710_47FE9_iOS

同じ方法で裏紙を使えば、
ペリペリ一枚ずつはがせるメモ帳も作成可。

むしろメモ帳の方が実用的かも。

 

Follow me!