「自宅で働く」を選んだワケ①

11月、我が家には 風邪タイフーンが巻き起こり
一家全滅で後半2週間が過ぎました。

そして、12月。
やっと元気だ〜!と思ったのもつかの間
今度は アデノ旋風が上陸。

長女、幼稚園1年目の冬。
免疫獲得のためいろいろ病気がくるぞと予測してはいたけど
こうも連続でやってくるとは。

まだまだ4歳、
「おかあさんがいい〜!
「おかあさんだっこして〜!」の連続。
私がそばにいると安心して眠るし
そばを離れると、すぐに起きてしまう・・・。

こういう時、できるだけそばにいてあげたい
そういう思いが
私が出産後「自宅で働く」という道を選んだ、
数ある理由のうちの一つです。

パートとして理解ある職場で働いて、子供の病気の時には休むという選択肢もあるでしょう。
仕事バリバリで病児保育や祖父母に預けるという選択肢もあるでしょう。
専業主婦として子供が小さいうちは仕事はしないという選択肢もあるでしょう。

私が選んだ道は、この道。

娘のそばでマスクを量産しながら
そんな決意を再確認した夜でした。

Follow me!